地域で学び地域を学ぶ

宮崎県立高千穂高校ポータルサイト

高千穂で人として成長してこその剣道

高千穂で人として成長してこその剣道
普通科2年 開 海斗さん
志布志市立志布志中→高千穂高校普通科

あこがれの剣道の選手

私は高千穂高校2年普通科の開海斗です。小さいころから剣道をしており、憧れている剣道の選手が高千穂高校出身だったので、自分も高千穂高校で剣道がしたいと思い、鹿児島県から高千穂高校に進学しました。日本でもトップレベルである高千穂高校剣道部としての生活は、朝7時から稽古、日々の勉強、夕方の稽古、寮生活など大変な部分もありますが、剣道部の先生の教えでもある「剣道で勝つためには人として成長していかなければならない」「高校生はまず勉強」を胸に、剣道と勉強の両立を目指し学校生活を頑張っています。

寮生活と成長

剣道もそうですが、寮生活を通しても人として成長できていると感じています。中学生の頃は何でも親に頼っていたけれど、親元を離れて何でも自分でやってみる心構えができました。寮には剣道部以外の生徒もいますが、みんなで楽しく生活しています。

将来は両親と同じで学校の先生に

私の父は学校の体育の先生をしているのですが、私も将来は体育の先生になりたいと考えています。そして、子どもたちに剣道を教えたいです。そのために、高校卒業後は日本体育大学に進学し、先生になるための勉強と剣道ができる環境に進みたいと考えています。入学前は先生になりたいとは思っていませんでしたが、進路を考える時期になりぼんやりと「子どもたちに剣道を教えたい」という気持ちが芽生えてきて先生になろうと思いました。これからも高千穂で学んだことを活かし、勉強、部活どちらも頑張って人として成長していきたいです。

記事一覧へ